top of page

​今月の学び

「百の言葉より一つの実行

  ~感化の教育~」

「言ったようには育たない。やったように子は育つ」というように、子どもは良きにつけ悪しきにつけ親の姿のまま行動するようになります。

家庭教育が「教育意識のない教育」であり「生活の中に生きている教育」と言われるのはそのためです。

    『感化の教育』

庭を掃きながら 庭の掃き方を教える

謝りながら 謝り方を教える

あいさつしながら あいさつの仕方を教える

返事をしながら 返事の仕方を教える

感謝をしながら 感謝の仕方を教える

例えば、子どもに部屋を片付けさせたければ親自身が日頃から片付けをすることが大切です。「こう育てたい」という親の思いを一方的に押しつけるのではなく「子どもは自分の姿を映してくれている」と子どもから学んで反省し行いを変えようと努力する。親が育てば子どもも共に育っていきます。(共育)

bottom of page