top of page

​今月の学び

「ぐずる子ども、どうすればいい?~我慢~

子どもがぐずったり反抗したりすると困りますね。

でもそれを機会として我慢を学んだり、親との信頼関係を築いたりするチャンスと受け止められます。親が自分の思い通りに子どもを抑えつけていたら子どもは“かんしゃく”すらおこせません。

子どもがかんしゃくを起こしたとき①子どもの気持ちをよく聞いて共感してあげて、その上で“ダメなことはダメ”と毅然とした態度で優しく諭せば我慢する心は育ちます。②買い物に行って子どもがおねだりする時などよくありますが“おねだりしない表”を作って守れた時はシールを貼ってほめてあげるなどしてあげてくださいね。

【我慢の心の育て方】

①時をかせぐ…欲しいものがあってもお誕生日まで待たせるなど。

②共感し納得させる。

③“ママ嬉しいわ”などと情で話しかける。

④一度“ダメ”といったことは最後まで我慢させる。

⑤生活習慣をしっかり身につけさせる。

​小さい時からの触れ合いで我慢を育てると大人になって自らブレーキをかけられる子に育ちます。

bottom of page